スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

(´;ω;`)ブワッ  

よーつべで検索したらなるたるアニメ版あったんで見てみた。
感想
(´;ω;`)ブワッ (´;ω;`)ブワッ (´;ω;`)ブワッ (´;ω;`)ブワッ
これは救われなさすぎ('A`)
以下ネタバレ

原作でのいじめシーンとかグロシーンはあんまり具体的には描写されてなかったけど大体何やってるかはわかるかな。
てか試験管挿入は地上波で放送された時はカットされてたみたいね。
よーつべに上がってるのはDVD版なんでちゃんとあります。
てか1話が読み込めないせいで2話から見ることになってしまった('A`)
まぁ、原作と殆ど変わらないみたいだからそのまま見た。
それにしてもいじめっこ4人組の断末魔がヤバい。
妙に明るいオープニングとのギャップがものすごいのでビビったorz
ちなみに連載中に製作、放映されたせい?で13話完結です。
単行本で6巻までの内容しかないので消化不良の部分がかなりあります。
鶴丸、古賀、須藤、小沢さんとかはこの後が一番活躍(?)するのになぁ。
さすがに古賀くん死亡シーンはかなり修正加えられるだろうけど。
それにしてもシイナの「貝塚ひろ子ォォォォォォォ!!!!」はまんが版よりもこえーなと思った。
あと明の喋り方見てると対人恐怖症、と言うよりはただの吃音に聞こえてしまうな。
あと明が父親を殺した理由もアニメじゃあんまりわからんね。
まとめサイトによると
明は父親に男性として好意を持ち、性的な興味も抑えられなかった。
父以外の男性を好きになって抱かれようとしても上手くいかず、
懊悩の果てに自殺か、父殺害か、ってところまで追い詰められ、
結局父親を殺すことでその苦悩から開放されようとした。
劇中で言う「世界を削って自分が楽になる」か「自分を削って世界に奉仕するか」の選択で世界を削ることを選んだみたいですね。
それにしても本当に救われないなorz
スポンサーサイト
[ 2006/10/31 21:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。